総代会とは?

総代会について
 生協が組合員によって運営されるといっても、約6,500人の組合員すべてが1度に集まることは不可能です。そこで、組合員の皆さんが生協の運営に参加する「しくみ」のひとつとしての代議員機関が「総代会」です。「総代」さんは組合員の代表のことです。この総代さんが事業年度に最低でも1回開かれる通常総代会に出席します。 通常総代会では、生協の運営に関して過去1年間を振り返り、向こう1年間の活動方針や事業活動計画などを話し合います。
総代会は生協の最高議決機関です。

続きを読む "総代会とは?"

定款

定款(ていかん)とは、香川大学生活協同組合の目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本規則、また、それを記した書面・記録のことです。
 
香川大学生活協同組合定款

第1章 総  則
(目 的)
第1条 この生活協同組合(以下「組合」という。)は、協同互助の精神に基づき、組合員の生活の文化的経済的改善向上を図ることを目的とする。

(名 称)
第2条 この組合は、香川大学生活協同組合という。

(事 業)
第3条 この組合は、第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 組合員の生活に必要な物資を購入し、これに加工し又は生産して組合員に供給する事業
(2) 組合員の生活に有用な協同施設を設置し、組合員に利用させる事業
(3) 組合員の生活の改善及び文化の向上を図る事業
(4) 組合員及び組合従業員の組合事業に関する知識の向上を図る事業         
(5) 組合員のための旅行業法に基づく旅行業に関する事業
(6) 組合員のための宅地建物取引業法に基づく宅地建物取引業に関する事業
(7) 組合員の生活の共済を図る事業
(8) 前各号の事業に附帯する事業

(区 域)
第4条 この組合の区域は、香川大学の職域とする。

(事務所の所在地)
第5条 この組合は、事務所を香川県高松市に置く。

続きを読む "定款"

生協組合員加入のお願い

生協は、香川大学を構成するみなさんの出資金をもとに運営しています。
加入時に1人20,000円(500円×40口)ずつ出資金をお預かりします。これが組合員出資金です。
皆さんの出資金が集まって生協の事業活動資金になります。 生協は香川大学で生活する皆さんに、組合員加入をお願いしています。
組合員出資金は、ご卒業あるいは香川大を離れる際には全額ご返還いたします。
→生協加入の手続き方法へ

総代選挙規約

(総則)
第1条 定款第44条規定する総代の選挙は、定款の定めのほかこの規約の定めるところによる。

(選挙区)
第2条 総代の選挙については選挙区を設けて行う。
2 選挙区については階層及び部局等の組織を考慮して、理事会で定める。

(定数)
第3条 選挙すべき総代の定数は、定款第44条の定める範囲において、選挙区ごとの組合員数を基礎に、組合員組織の状況を考慮して理事会で定める。

続きを読む "総代選挙規約"

理事会とは?

総代会で決定された方針を、月1回の定例会議で具体化するのが理事会です。この理事会は、各学部の学生、大学院生、各学部の教員などさまざまな立場の組合員(理事)によって構成されています。理事は理事会を開き、組合員の要求をふまえ、責任を持って生協の日常業務をすすめていくという重要な役割があります。
→直近の理事会報告へ

続きを読む "理事会とは?"