共済Q&A よくお問い合わせいただくご質問

よくお問い合わせいただくご質問
カテゴリ別 質問一覧
カテゴリをクリックしてください。各Q&Aまでリンクしています。
共済加入について
Q1.生協にだけ加入したいので共済は加入しないでおこうかなぁと思いますが?
Q2.いままで健康で事故や病気になったことがありません。共済は結構です。
Q3.親の保険に入っているので共済には入りません
Q4.大学の学生教育研究災害傷害保険(学災保険)に入ったので共済には入りません
Q5. 親の健康保険に入っているけど共済にも入らないといけませんか?

掛金について
Q6.共済の掛金は掛け捨てですか?
Q7.いずれ留学するつもりです。共済はどうなりますか?

手続きについて
Q8.事故や病気になったときの申請手続きが面倒ではありませんか?
Q9.共済の加入証書が届く前に、病気やケガをしたらどうすればいいのですか?

火災保険について
Q10.他の火災保険に入っているので火災共済に入らなくていいですね。
Q11.在学途中から一人暮らしをするかもしれないのですが?
Q12.火災共済に加入します。途中でアパートを変わるときは共済はどうしたらいいのですか?

入学辞退した場合について
Q13.入学辞退をした場合、加入金はどうなりますか?


共済加入について
Q1.生協にだけ加入したいので共済は加入しないでおこうかなぁと思いますが?
A.学生総合共済は全国の大学生が病気やケガで困っている学生を助けたい、そういう気持ちを制度化したものです。強制加入ではありませんので、加入するかどうか、ご自分で判断いただいて結構です。
ただ大学生になると今までに比べ行動範囲が広がり、思わぬ事故や病気がふえています。学生生活実態調査によると半年間で8.4人に1人が病気、19.2人に1人が事故で入通院しています。
そんなこともあり、ここ高知大学でも65%以上の方が共済に加入されています。ぜひもう一度ご検討なさって共済にご加入ください。

Q2.いままで健康で事故や病気になったことがありません。共済は結構です。
A.本当に健康が一番ですよね。私たち生協のメンバーも高知大のみんなが健康なのが何よりだと思っています。そのためにアルコールバッチテストなどさまざまな企画を行なっています。
ただ、大学に入ると高校の時と生活習慣ががらりと変わるので、体調を崩す新入生が毎年出ています。また、元気な人でもスポーツやバイク、アルバイト中など思わぬケガをしてしまうことがあります。
そんなときに窓口で「やっぱり共済に入って良かった」といわれると本当に共済をおすすめして良かったなと思います。また、もし卒業まで無事に何もなかったっとしても、共済の掛金は必ず他の人の役に立っていますから無駄になってしまうということはありません。

Q3.親の保険に入っているので共済には入りません。
A.現在お入りの保険の保障内容はよくご存知ですか?学生総合共済には、病気入院は1日目から、事故やケガの場合は入院1日目から、通院についても5日以上、入通院があれば1日目から保障があります。これら全てが今入っている保険でカバーされているかご確認ください。
その上で、是非学生総合共済にもご加入なさってください。
共済は学生どうしのたすけあいの制度です。1ヶ月にすると1,125円(生命共済4年後卒業の1年目の掛金)でこれだけの保障がありますのでぜひご検討ください。

Q4.大学の学生教育研究災害傷害保険(学研災)に入ったので共済には入りません。
A.学研災には、正課の授業中、学校行事の事故の保障(死亡、後遺障害、入院、医療加算金など)のみのものと、それに学校施設内、登下校中、課外活動中のケガの保障が加わったものがあります。病気の保障はありません。それに対し、共済の保障は、学内はもちろん大学以外も含め、24時間どこで事故や病気になっても保障があります。アルバイト中やサークル活動中、海外でのケガなど、大学生になると行動範囲が今までに比べてぐっと広がります。学研災に加え、共済にも加入して24時間安心してお過ごしください。

Q5. 親の健康保険に入っているけど共済にも入らないといけませんか?
A.ケガや病気で病院へかかると健康保険適用で治療してもらっても、3割(外来)の自己負担や、クスリ代、交通費などいろいろな負担がかかります。ぜひ共済に加入して万一の場合にも安心して過ごせるようにしてください。

▲戻る

掛金について
Q6.共済の掛け金は掛捨てですか?
A.はい、そうです。共済は助け合いの制度ですから掛金を低く抑え、本当に困っている人にできるだけ厚く保障をするという仕組みになっています。あなたが払った掛け金は、もし卒業するまでに一度もケガや病気にならなくても、仲間を助けるために役立っています。

Q7.いずれ留学するつもりです。共済はどうなりますか?
A.生命共済の保障(通院、入院、手術、後遺障害、死亡、扶養者事故死亡、父母扶養者死亡)は海外にいても対象となります。下宿生で、火災共済に加入されている場合は、海外の下宿は保障されないので、その時点で火災共済を解約し、返戻金をお返しします。留学により卒業予定が延びる場合は、留学前に生命共済の契約期間の延長をして下さい。留学や旅行などで海外へ行かれる場合は、万一に備え、共済以外の旅行傷害保険、留学生向けの保険にも加入されることをおすすめします(万一の場合、ご家族の渡航費用、日本へのベッドでの移送費用などの補償があります)

▲戻る

手続きについて
Q8.事故や病気になったときの申請手続きが面倒ではありませんか?
A.保険会社と違い、受付窓口は大学内の生協にあります。大学に来たついでに立ち寄っていただければ、その場で事故や病気の状況をうかがい、申請に必要な書類をお渡します。治療が終ったら、揃えた書類を生協に提出いただいて所定の日数で給付されます。大学が休み中の時なども、フリーダイヤル0120ー335ー770(大学生協共済連)で対応していますから安心です。

Q9.共済の証書が届く前に、病気やケガをしたらどうすればいいのですか?
A.掛金の払い込みが済んでいれば、お手元に証書がなくても生協で確認して給付することができます。

▲戻る

火災保険について
Q10. 他の火災保険に入っているので火災共済に入らなくていいですね。
A.すでにお入りの火災保険の保障内容はよくご存知ですか?学生総合共済は、火災の保障の他にも
1.洗濯機のホースが外れたりしたときの水漏れに対する保障
2.水道管の凍結による破裂の被害の保障
3.台風などの風水害による家財の保障
4.アパート内の盗難保障もあります。これらすべてが今入っている火災保険でカバーされていればよろしいのですが、まずは保障内容をご確認ください。もし保障されていないものがあれば、ぜひ学生総合共済の火災共済にもご加入なさってください。1ヶ月にするとわずか167円の掛け金(4年間で8,000円)でこれだけの保障がありますのでよろしくお願いします。

Q11.在学途中から一人暮らしをするかもしれないのですが?
A.途中から火災共済に加入することができます。一人暮らしをすることが決まった時点で生協にお申し出ください。掛金を払い込んだ翌日から保障が始まります。

Q12.火災共済に加入します。途中でアパートを変わるときは共済はどうしたらいいのですか?
A.共済では加入者の下宿住所は登録していません。国内であれば加入途中でアパートを引越しされても新しいアパートが保障対象になります。加入者本人の住所変更届は必要ありませんが、扶養者の住所が変わったときには、生協で加入手続きをなさってください。

▲戻る

入学辞退した場合について
Q18.入学辞退をした場合、加入金はどうなりますか?
A.全額返還となります。

▲戻る