定款

高知大学生協の定款はこちらです。
ファイルをダウンロード

みなさんのパートナーです。

こんにちは
 高知大学生活協同組合(=高知大学生協)は高知大学で福利厚生事業を担当している生活協同組合です。
 学生教職員からお預かりする出資金で運営しています。
 食堂や書籍に加えて、学生の学びや成長を積極的に支援する活動を大学の中の生協らしく展開しています。
 大学生協と大学生協の学生総合共済に加入して充実したキャンパスライフをお送り下さい。
 私たちは高知大学の良きパートナーであり続けたいと願っています。

高知大学生協のご案内

■高知大学生活協同組合(高知大生協)
<生協の目標>
高知大学生協は、高知大学での福利厚生の充実や学生・教員・職員の生活文化の向上をめざし、コミュニケーションあふれる事業・活動を行うことにより、高知大学を構成する全ての人々に貢献することを目指しています。

<生協の理念>
高知大学生活協同組合(高知大生協)は、高知大学を構成する学生・院生・教員・職員からの出資・利用・参加を基礎に、高知大学で生活するすべての人の手で運営される、営利を目的としない組織であります。生協は組合員と共に大学生活の向上を目指していきます。
大学生活がより充実したものになるよう、組合員の要望や関心を把握し、店舗や食堂などの事業活動、組合員活動を通じて、勉学生活、日常生活をサポートしていきます。
毎月の定例開催の理事会におきましても、学生・院生・教職員のそれぞれが対等・平等の関係で話し合い、運営をしております。このように生協は学生の社会参加のための教育的な機能も担っているといえます。

<大学の構成のみなさんの出資 >
加入時に1人20,000円(500円×40口)ずつ出資金を出し合います。
皆さんの出資金が集まって生協の店舗活動資金になります。
出資金20,000円はご卒業の際には全額ご返還いたします。

<生協組合員が店舗を利用 >
生協店舗では 、通常、書籍を5%OFF・雑誌を10%OFFで CDを10~20%OFFで 文房具や日用品を組合員価格でご提供します。

<生協の食堂では>
安心な食材を使い栄養バランスのとれた食事を 、利用しやすい価格でご提供し、食生活に関する様々な情報提供や食生活提案を実施しています。

<生協の運営>
店舗を利用して感じたこと、要望などを「私も一言カード(通称:はなまるカード)」で生協に伝えてください。高知大学生協は責任をもって回収して検討し、回答致します。また、生協は組合員からの意見や要望を積極的に聞き、一つ一つの声を大切にし、組合員と共に店舗・食堂等の事業や様々な活動に反映していきます。

<生協のしくみ>
○組合員
 高知大学生協に20,000円の出資金を出資すれば「組合員」となり、生協を利用することができます。この出資金は卒業時には全額返還されます。 現在、高知大学生協には約6千人の学生、院生、教職員が加入しており、大学生活に必要となる物品や食事、サービスのご利用を頂いています。他にも生協は勉学研究や健康安全、食生活等でも、さまざまな工夫をこらして生活向上提案をしています。 生協は組合員がいて、はじめて生協として成り立ちます。組合員が「出資し、利用し、運営する」のが生協です。

○総代会
 生協が組合員によって運営されるといっても、高知大学生協6千人の組合員すべてが直接集まることは不可能です。そこで、組合員が生協の運営に参加する「しくみ」のひとつとしての代議員機関が「総代会」です。「総代」さんは組合員の代表のことです。この総代さんが事業年度に最低一回開かれる通常総代会に出席します。 通常総代会では、生協の運営に関して過去一年間を振り返り、向こう一年間の活動方針や事業活動計画などを話し合います。総代会は生協の最高議決機関になります。

○理事会
 理事会は、総代会で決定された方針を、月一回の定例会議で具体化するところです。この理事会は、各学部の学生、大学院生、各学部の教員などさまざまな立場の組合員によって構成されています。理事は理事会を開き、組合員の要求をふまえ、責任を持って生協の日常業務をすすめていく必要があります。

<生協ショップは大学生活を知的にかつパワフルにするためのサポート>
■基本文具は生協におまかせください。
ノート・レポート用紙をはじめとした文具用品は、利用者の声をもとに開発した「CO-OP文具」を中心に幅広い品揃えをしています。

■情報機器も生協におまかせください。
最近はコンピュータなどの情報機器の、講義への導入や研究室ネットワーク・学内LANなどの動きに対応して、コンピュータや、その関連用品の取り扱いに力を入れています。情報機器やシステム導入のお手伝いするために研究室訪問や、高知大生がトレーニングを受けたうえで、企画・運営を行うパソコン講習会の開催など教員・学生とのコミュニケーションを強め、生協としての積極的な提案も行っています。

■専門書から文庫・雑誌まで、充実した品揃え。
勉学・研究に必要な教科書・参考書・辞書・専門書・洋書・専門雑誌をはじめ文芸書・一般書・雑誌にいたるまで幅広く品揃えしています。そして他の書店ではできない書籍の割引も、通常5%から10%の割引価格で、ご提供しています。

■お部屋づくりから日常生活用品まで、快適ライフをお手伝い。
食品・お菓子等の日常生活用品から、家具・寝具などの住生活用品、家電、実用衣料、にいたるまで、キャンパスライフを便利で快適に過ごすための品々を幅広く取り扱っています。

レシートへの消費税の表示方法変更について

2007年3月から、レジのシステムを変更しレシートには税込み価格を表示します。

 日頃より当生協をご利用いただき誠にありがとうございます。
 この度、レジのシステムを変更し、レシートへの消費税の表示方法を変更することとなりましたので、お知らせいたします。

 高知大生協では従来、外税方式を採用しており、レシートへの表示方法は本体価格を表示した上で、本体価格に消費税5%を乗じて税額を算出し、その合算を合計金額として表示しておりました。
 2007年3月1日からは、総額表示方式に変更し、レシートには税込み価格を表示します。レジでの消費税計算は1品ごとに税込金額を出し、最後に税込みの合計金額を表示することになります。消費税分の合計金額は「うち消費税等」として別途表記いたします。 (下図レシート表示例参照)
 尚、税込価格の設定にあたっては、「本体価格×1.05」の1円未満の端数は切捨てとします。

%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88.bmp