三群点数法をマスターしよう!

生協食堂のメニューの栄養表示は三群点数法で表示しています。
三群点数法とは食品を栄養の働き別に赤・緑・黄の3つに色分けします。この三つの食品群からまんべんなく食品を選ぶと栄養のバランスが取れるのです。

●赤はタンパク質源…魚、肉、卵、大豆製品など
●緑はミネラルビタミン源…野菜、イモ類、海草、キノコ、果物など
●黄はエネルギー源…穀物、油脂、砂糖類など

食事の量は、1点=80kcalというエネルギー点数で表します。
食べる量は個人によって違います。同じ年齢でも、性別・体重・身長・活動量によって異なります。そこで下記のような基本のパターンを決め、表を目安に自分にあった点数を決めます。基本パターン(1日20点)は、18~29歳女子、生活活動強度が適度のエネルギー量の80%に相当します。(20%は間食)赤と緑の食品群から9点(720kcal)とり、後は黄の食品群で調節しましょう。
特にハードなスポーツをしている人は、黄だけでなく赤や緑も増やします。

生協食堂のメニューのプライスカードには1食あたりの目標量(赤2点、緑1点、黄7点)に対してそのメニューがどれくらい充足しているかをグラフで表示しています。

続きを読む "三群点数法をマスターしよう!"