【食堂】ニコラ(第2食堂)2階でハラールメニューの提供を開始

島根大学生協では2016年9月26日(月)より留学生の皆様むけにニコラ(第2食堂)2階ではハラールメニューの提供を開始しました。
※もちろん日本人の学生さんもご利用できます。

<ハラルメニューとは?>

ハラールとはイスラムの教えで「許されている行為」という意味のアラビア語です。反対に、ハラームとは「許されない行為」と定義されています。

<ハラール食材> 
   
・ハラールな方法により屠殺された「牛・鶏・羊」の肉
・野菜、果物、穀類
・海産物、乳製品、卵
・水
などイスラム教の教義上「許されていること」の総称を「ハラール」といいます。  

<ハラーム食材>             
・豚を含むもの全て(ラード・ゼラチン等)
・イスラムの原則に則った屠殺方法がとられていない「牛・鶏肉」
・酒類を使用しているもの(みりん、料理酒)を含むもの

ニコラ(第2食堂)2階でご提供するのはハラール推奨メニューです。下のマークが付いているメニューが対象です。

%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF.jpg

<島根大学大学生協では大学の国際交流にも貢献したいと考えています>

島根大学でも海外からの留学生がたくさんいらっしゃいます。留学生の中には、文化・宗教の違いから日本の学生と同じ食事をとれない方もいらっしゃいます。 その方たちにも食堂で日本の学生と同様に食事を楽しんでいただきたい、という思いからハラールメニューの提供をはじめました。

ハラールの基準は宗派・地域によって違うため、島根大学の食堂を利用する組合員がある程度、特定されており、その方たちとの密接なつながりをつくることができるその大学生協だからこそ行える取り組みです。

<島根大学生協での取り組み>

今回のハラールメニューの提供開始にあたっては大学生協のネットワークを生かして他大学の状況を共有し、実際に島根大学の留学生のみなさんに試食をいただきメニューを決定しました。

ハラールメニューの利用を通じて日本人の学生と留学生の方が同じ食堂で食事をとることで国際交流が深まったり、日本人の学生のかたもハラールメニューを利用することで異文化間理解が深まることも期待しています。幅広くみなさんのご利用をお待ちしています。

島根大学生協ではこのメニューの提供業務に関わる職員は、イスラム教について、何がハラールで何がハラームなのかを学ぶ研修を受けました。皆さんもこれを機にイスラム教及びハラールについて学びませんか!?

ハラルジャパン協会」によるハラール等について詳しくまとめられています。