ミールカードは、食堂利用定期券

【食堂利用定期券】

 ミールカードは、決められた1日の上限額=1000円=まで、1年間(2007年4月~2008年2月末)の下関市立大学生協の食堂営業日に利用できる年間利用券です。このシステムは、保護者の皆様のお子様への「毎日きちんと食事を食べているだろうか」「栄養バランスのよい食事をして欲しい」という不安や心配と、生協の「きちんとした食生活を送ることで、健康で楽しく充実した大学生活を送って欲しい!」という願いから誕生した食生活支援システムです。いわば、食堂を年間利用できる定期券です。

【こだわりの食材とメニューです】
 市大生協食堂では、みなさんの健康のため添加物の使用基準を独自に設け、産地や製造工程の明確な食材を使用しています。また、年間8回の月間フェアを行い、週替りでメニューが新しくなります。
 提供しているメニューは、ご飯類(炊き込みご飯あり)、丼類(カレー含む)、麺類(冷麺や鍋焼きうどんなどの季節麺あり)、副食類(主菜となるおかず)、補食類(副菜となるおかず)、好きな分量だけ量り売りをするサラダバー、などなど約80種類のメニューを提供しています。
pop_0604.jpgpop_0605.jpgpop_0606.jpgpop_0607.jpg
pop_0610.jpgpop_0611.jpgpop_0612.jpgpop_0701.jpg
2006年度に開催したフェアです。

【地産地消】
 また地産地消ということから、山口県産のお米を使用しています。先日6月2日には、「田植えツアー」を行いました。秋には「稲刈りツアー」を計画しています。

【サークルや授業で忙しくても大丈夫】
 サークル活動や授業で自炊が億劫になっても、ミールカードがあれば大丈夫!
朝8:15から、夜は19:00まで営業しています。朝1番目の授業は、9:00からですが、8:15からの営業ですので、朝ごはんを食べて授業に出席することができます。朝ごはんを食べると、授業にも集中できますよ!
 また、最後の授業は18:00に終わりますが、19:00まで営業をしていますので、授業が終わってからでも十分ゆっくりと夕ご飯を食べることができます。生協食堂で夕食を食べて、アルバイトに行く学生も多いですよ。


【利用履歴で分かる元気】
 なんといっても保護者の方の心配は、離れて暮らすお子さんの食生活です。そんな悩みを解決します!
食べた時間帯(朝・昼・夕と記載)や食べたメニュー名、摂取カロリー、栄養価までもデータ化し、〘利用履歴〙として、1ヶ月ごとに利用状況の履歴データを送付しています。ちきんと食事を摂っていることや、学校へ通っているということも一目で分かるため、遠く離れた保護者の方も安心です。
メールのやりとりで、「今月は野菜をあまり食べていないんじゃないの?!」という会話のきっかけになっている学生もいます。

 大学生のうちに、自分がどんな食事をしているのかをしっかりと確認し、それによって体が作られる大切さを実感することができます。自分で食事の内容を振り返り、今後の食生活の参考にすることができます。