コロナ禍によって苦労する学生の食生活を支援します!

協同組合連携による
広島県内の一人暮らし大学生(大学指定)応援プロジェクト
食の支援物資(無料)を希望者にお渡しします!

2020年に入って、世界中に拡大した新型コロナウイルス感染症は、現代社会の生活様式を一変させました。大学生においても、大学構内への立ち入りが制限され、授業は大学以外の場所にてWebで受講、サークル活動は禁止、アルバイトがなくなる(収入の減少)など、大きな影響を受けています。特に一人暮らしの大学生の多くは、緊急事態宣言による移動の制約から、実家に帰る事もままならず、アルバイトによる収入減少など自粛生活を余儀なくされ、心身ともに疲弊した状況となっています。この様な状況を受けて、広島県内の協同組合(広島県協同組合連絡協議会:略称HJC、JA中央会など)が連携して応援するべく今回の「食の支援」企画を実施致します。

【実施要領】

受付期間:2020年9月14日(月)~9月24日(木)

受付方法:応募フォーム(ここをクリック)からお申し込みください。

お渡し方法:学内でお渡しします。10月初旬の予定です。

応募条件:以下の2つの条件を両方満たしている事

①福山市立大学に在籍していて、現在ひとり暮らしの学生

②炊飯器を持っている人

図1.jpg

支援物資の概要

・お米(新米):2㎏×1袋

・レトルト食品:数点

・カップ麺  :数点

・その他(缶詰やお菓子など)