住まい探しのポイント

  まずは「何を重視するのか?」によって探す方法が変わってきます。例えば、お風呂とトイレの関係ですが、「風呂とトイレが別々のセイパーレートタイプ」を優先すると、家賃は高く、風呂とトイレが一緒の「ユニットタイプ」でよければ家賃は少し安くなります。高松市内では3:7でユニットタイプの物件が多いのですが、最近は少々金額が高くてもセパレートタイプを優先することが多いようです。しかし、ユニットタイプでも良い物件はありますし、周辺の環境とか、通学・生活の利便性など選択肢は多くありますね。何に重きを置き、何なら妥協できるのかを、いくつか物件を見て、判断されることをおすすめしています。
     
  

農学部・工学部・医学部の方は
1年次と2年次以降では幸町とそれぞれのキャンパスでの授業が変わってきます。
授業・アルバイト・サークル活動を含め、住むところを判断しなければいけません。
生協本部事務所にお越しいただければ、専門スタッフが対応いたします。


新入生の方は新入生向け特設サイト
Vsign(https://vsign.jp/kagawa/)
にてご案内させていただきます。